エリアによる違いと遊び方|風俗で遊ぶ前に、コツとポイントを覚えておきましょう!
デジカメを操作する女性

エリアによる違いと遊び方

青い服の女性

大阪と聞いて、何を思い浮かべますか?「笑いの街」や「天下の台所」、「商人の街」といったイメージの方が多いと思います。
これらのイメージはなにも間違っていませんが、大阪は「風俗の街」とイメージしている方もいるかもしれません。
それほどに大阪は風俗が有名なのです。なぜそれほどまでに風俗が有名かというと、風俗街がたくさんあるからです。
このページでは3つの風俗エリアの特徴を紹介しています。

まずは大阪の風俗街として最も大きいエリアが「キタ」と呼ばれるエリア。
キタエリアは、梅田の兎我野町を中心に十三や新大阪などを指します。
このエリアの特徴は、高級店が多いことです。もちろん激安価格で遊べる風俗店もありますが、他のエリアと比べると高級なお店が多いです。
お金はいくらかかってもいいから、とにかく可愛くてサービスのいい女の子と遊びたい!という男性にオススメのエリアです。

つづいて「ミナミ」エリアです。
ミナミエリアは、難波や日本橋、天王寺エリアです。
このエリアは、マニアックなプレイを楽しめる風俗店が多いことが特徴といえるでしょう。
自分の性癖をむき出しにして遊びたいという男性にオススメのエリアです。

最後に「ヒガシ」エリアです。(地元民はあまり「ヒガシ」とは呼んでいませんが……)
京橋を中心とした、このヒガシエリアは、安い価格で遊べる格安店、さらにそれを超える激安店が多いことが特徴です。
とにかく風俗でスッキリしたい!という方にオススメのエリアです。

このようにエリアによってさまざまな違いがありますが、これら3つのエリアは距離もちかいのでエリアをまたいで遊ぶこともできます。要するに「風俗ハシゴ」です。
たとえば、京橋にはエステ系の風俗がたくさんあるので、まずは京橋の風俗エステで体の疲れをとって、体が少しスッキリしたら、難波のヘルス系のお店でさらに気持ちよくなるということもできます。もちろん、梅田のセクキャバなどで飲んで騒いでムラムラしたら、京橋の風俗エステに行って体も心もスッキリさせるという遊び方もできます。

エリア内だけで遊んでも、エリアをまたいで遊んでも楽しめることが大阪の特徴なのです。